コミュニケーターだより

モリタお客様相談センターのコミュニケーター(電話受付者)が独自目線で贈る日常ブログ☆
お問い合わせをいただいた皆様からの「これが知りたかった!」の情報やお話の中で発見した「耳よりの情報」を発信中♪
知りたかった情報がここにある!かも?ブログに関するご意見も募集中です♡

Feb 15 2019

ここまで来た!スペースラインEXの最新機能!
~根管治療から長期保証、患者さんの心地よさまで!?~

Category:
大型器械

初代スペースラインから引き継がれるDNAは変わらず、
更なる利便性、ユーザビリティを求めて、
パワーアップした最新機種スペースラインEX。

 

これからの診療に欠かせない部分から、近未来チックなことまで、幅広くパワーアップしています!わたしが「これいいな♪」と思った順に紹介して参ります♪

 

 

モリタで根管治療を行える商品は、「トライオートZX2」と「デンタポート」等があります♪
とある先生から「大きい画面で見たいから、トライオートZX2とデンタポートを繋げられないか」とご相談をいただいたことがあります。
当時は残念ながら、トライオートZX2の機能を大きい画面で見る方法は無く・・・
お問い合わせいただいた先生は、「トライオートZX2の画面は小さすぎてね」と、泣く泣く導入を見送るとのお話でした・・・。

 

もしあのとき、スペースラインEXがあれば!

 

前置きが長くなってしまいましたが、スペースラインEXは、
根管長の状況をチェアサイドの大きな画面でモニタリング※しながら
備え付けのモーターをピックアップするだけで、根管治療の最新機能「OGP(グライドパス)機能」や「OTR機能」が使用できるのです!

 

 

インプラント治療をされている医院様であれば、インプラントモーターも内蔵できます。※
ちなみにスケーラー回路を追加いただければ、根管長測定しながら超音波洗浄もできちゃいます☆※

※オプションです。

 

 

スーパーショックレスとは、昇降の際に生じる振動を軽減する機構のことです。

 

EXのスーパーショックレスはすごいです!!
瞼を閉じた状態だと、「上がってる?」「下がってる?」という感じで、
昇降しているのかどうか迷っちゃうほど、振動を感じにくいです

 

コミュニケーター的、大好評部分です。きっと多くの患者さんにも気に入っていただけると思います!!

 

 

 

EXはスペースライン初の最低位380mmを実現♪
380mmだと腰をストンとおろすだけなので、乗降がしやすいです。
お子さんからご高齢の患者さんまで、幅広い方にお喜びいただけるかと思います♪
最高位は800mmまで上がるので、先生や衛生士の方にとって、様々な診療姿勢に対応できる位置にセット可能!

 


※高低差が伝わりやすいよう、背板を起こしたまま撮影しています。

 

 

スペースラインEXに触れる機会がありましたら、ぜひ座ってみてください!!

 

座ったあとは、チェアを倒してみてください。チェアが倒れても・・・座っていた位置から・・ズレません。ほとんど。
きっと先生は思わず言ってしまいます、「ここまで来たのか、背ずれ対策!」と(笑)

 

ズレない秘密は、背板と座面が連動して動く機構やシートの材質など、
あらゆる技術を総動員したことにあるのです。(詳しくは企業秘密♡)

 

 

 

チェアユニットに限らず、ソファやベッド、布団などでも
近頃は「体圧分散」という言葉をよく聞きますよね。
「体圧分散」って何ぞや?と思いませんか。わたしだけ?

 

仰向けに寝転んだとき、お尻や肩甲骨など出っ張っている部分が、出っ張っていない部分(太ももや腰)を支えなければならず出っ張っている箇所の負担が大きくなります。この負担を分散させようというのが「体圧分散」だそうです。

 

EXでは、体の出っ張っている部分のシートは沈み、出っ張っていない部分は沈まず、体の形状に沿うようになっているんです。
絶妙な心地よさに思わず、「家のベッドに欲しい」と言った相談センターのスタッフがいたほどです(笑)

 

 

 

チェアユニットの部品などは、従来1年保証が主流ですが、
スペースラインEXは、部品によって5年間の長期保証があるんです!!

 

詳しくは、こちら、もしくは弊社担当者へご確認くださいませ( ゚ ω ゚ ) ! !

 

 

「Door Link(レセプトのオンライン請求、X線画像を院内デバイスに送信可能なオンラインシステム)※」と連携すれば操作に関連した取扱説明書や使用ガイドの内容を連動したモニターに表示できます!

※オプション

 

また、チェア内部の機械動作は「電気信号」をキャッチし動いています。
その信号を記録管理することで、「なんか変だな」の原因を短時間で解明できちゃう!かも?
原因が早急にわかるため、作業時間の短縮にも繋がります♪
なんと部品の摩耗具合も電気信号から解読できるため、先回りの部品交換で、不具合を未然に防げる!かも?

 

モリタ製作所が目指すのは「診療を止めないチェアユニット」。
目標への第一歩が、スペースラインEXへの「IoT」技術搭載というわけです☆

 

まだまだ書き足りないEXの最新機能!!
次回は、「ぜひ知ってほしい!スペースラインEXの機能をフル活用するとより快適なマイクロスコープライフが待っていることを・・・」
について、たっぷりお届けします☆

 

歯科に関することならお気軽に、ご質問からご意見・ご要望、資料請求まで
モリタお客様相談センター、0800-222-8020(無料)までお電話ください♪
携帯・スマートフォンからもお電話お待ちしています☆