コミュニケーターだより

モリタお客様相談センターのコミュニケーター(電話受付者)が独自目線で贈る日常ブログ☆
お問い合わせをいただいた皆様からの「これが知りたかった!」の情報やお話の中で発見した「耳よりの情報」を発信中♪
知りたかった情報がここにある!かも?ブログに関するご意見も募集中です♡

May 15 2019

シグノT500がレッド・ドット・デザイン賞 ベスト・オブ・ザ・ベストを受賞!!~ 賞レースに出るモリタの本当の気持ち ~

Category:
モリタの取り組み

先日、なんと!あの!レッドドットデザイン賞ベスト・オブ・ザ・ベストシグノT500が受賞致しました~!

 

レッドドットデザイン賞とは?公式サイトはコチラ☆
Wikipediaはコチラ☆

 

2019年度は5500製品のエントリーがあり、その内ベスト・オブ・ベストを受賞したのは80製品のみ!なんとベスト・オブ・ザ・ベストに選ばれる割合は約1%!
鼻が高くなってしまうモリタです( *´艸`)
更に自慢が続き恐縮ですが(笑)これまでの「モリタ」系列の華麗なる受賞履歴を振り返ると…

 

1975年 歯科用治療ユニット シグノ(タイプ)TU-80 がグッドデザイン賞 中小企業庁長官賞を受賞

2012年 歯科用チェアユニット ソアリック がグッドデザイン賞の金賞を受賞

2017年 歯科用3次元X線診断装置 ベラビューX800 がグッドデザイン賞ベスト100を受賞

2018年 歯科用チェアユニット スペースライン EX がiF デザイン賞の金賞を受賞

2019年 歯科用チェアユニット シグノT500 がレッド・ドット・デザイン賞を受賞 ← NEW ☆

 

「モリタさん、賞好きだね~」と思われた先生もいらっしゃるかもしれませんね。

 

どうして、モリタが「賞」にこだわるのか。
それは、モリタが歯科用器械を製作している「本当の意味」を、どうかわかってほしいから。

 

歯科用チェアユニットも、X線撮影装置も、「最大の診療パフォーマンスを引き出すため」に存在しています。

 

受賞している「グッドデザイン賞」も「iFデザイン賞」も、そして「レッド・ドット・デザイン賞」も「デザイン(見た目)」だけの良さを評価しているわけではないんです。

 

機能性(使い勝手)や人間工学(人の動作を阻害せず導く)、耐久性、そして、インテリアに溶け込むデザインにより、患者さんが日常の感覚で不安なく診療を受けられる環境を提供できていることなどを評価いただいているんです。
「精密な診療をサポートすることができる」器械であることを、多業種と争うデザイン賞に出すことで力を試し、そして幅広い方に、「モリタの器械なら精密な診療をサポートするロジックがある」と知っていただきたい。

 

そんな秘めた熱い想いを抱いております。

 

「モリタは見た目ばかり格好よくして~」というお言葉から
「アピールの仕方が下手ね~」や「良い商品埋もれちゃってるよ」などなど。
暖かくも厳しく、モリタを想ってくださるご愛用者の先生方のためにも!!!

 

モリタお客様相談センターは、声を大にして伝えて参ります。

 

モリタってめっちゃデザイン賞受賞してるで~~~

 

デモンストレーションのご依頼や資料請求、歯科に関するご要望まで
モリタお客様相談センター、0800-222-8020(無料)までお気軽にご連絡をお待ちしています♪携帯・スマートフォンからもお電話いただけます☆