コミュニケーターだより

こんにちは。日ごろは私たちモリタのコミュニケーターに対し、さまざまなご質問やご意見をお寄せいただきありがとうございます。
このブログでは、歯科に関するトピックスや耳寄りな情報など、皆様とのやり取りの中で見つけたステキな話題を、
モリタお客様相談センターならではの視点でご紹介します。

Jul 01 2016

6月4日はムシ歯予防の日 Er:YAGレーザー アーウィンアドベールEvo で絵を描いた。

Category:
モリタの取り組み

愛らしいこのビバリーくん。
なんと生卵に描かれていますΣ(´□`ノ)ノ

なぜ生卵に・・・

それはさかのぼること6月4日。
ムシ歯予防の日にちなんで、モリタでは社内イベントが行われました。

このイベントは
モリタ社員の口腔内に対する意識を高めること、
製品を実際に触り、使用している先生方のお気持ちを少しでも感じることが目的です♪

企画が盛りだくさんでした。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。
♪(σ`・∀・´)σ【 Er:YAGレーザー アーウィンアドベール体験コーナー 】

♪(σ`・∀・´)σ【 pd診療体験コーナー 】

♪(σ`・∀・´)σ【 マイクロスコープ体験コーナー 】

♪(σ`・∀・´)σ【 訪問診療器コーナー 】 ※ポータキューブ

♪(σ`・∀・´)σ【 消毒コーナー 】 ※使用済み医療器材の洗浄、消毒・除菌、滅菌フロー

(※製品名をクリックするとそれぞれの製品ページへ移動します)

まずは、Er:YAGレーザー アーウィンアドベールEvo 体験コーナーへ☆(σ`・∀・´)σ
アーウィンアドベールEvoで生卵にビバリーくんを描くことができるのです!

118_1

冒頭に登場したこのビバリーくん
まさかアーウィンアドベールEvoで描いたとはお気づきにならなかったでしょ?(≧ω≦。)

実際に白く焼けた部分をなぞってみても凹凸の感触がほとんどなく、「ペンで書いたよ」と言われても疑いません。
アーウィンアドベールEvoは、水分にのみ反応し侵襲がとても少ないことがよくわかりました!

※体験を目的に監修の元、生卵へ使用いたしました。
 実際の使用法とは異なりますので生卵へのご使用はお控えください。
 また、今回は社内イベントで社員の研鑽や社屋内での勉強会と言う形で使用しております。

続いて、pd診療体験コーナーへ ☆(σ`・∀・´)σ
まずpd診療とはなんぞや、ですが簡単に言えば「正確に、早く、楽に」を可能にする診療方法です。
え、簡単に言い過ぎてイメージできない?すみませんすべての人に優しい診療環境を実現する pd styleをご覧ください。
とっても素晴らしい診療理論です♪

さて、イベントでのpd診療体験は、ミラーゲームでした!

118_3

しかし地図の位置を変えるとアラ不思議!

118_4

私「全然違いますね!スルスル辿っていけます!!」
pd担当者「これがミラーテクニックです(ドヤァ)」

ちょっとした違いのように思えることがとても大きな違いになる、ミラーテクニックの不思議さを感じました。

次はマイクロスコープ体験コーナー へ☆(σ`・∀・´)σ

118_5

こちらでは倍率操作やミラーテクニックを駆使して指定された歯を見る体験をしました。
「さっき体験したミラーテクニックを活かそう!」と張り切ったはいいものの
倍率合わせに四苦八苦(;´Д`A “`
担当者の方に倍率合わせも、ミラーの角度を合わせるのも手伝っていただきました。
そうしてやっと倍率が合い指定された歯を見ると・・・「mieta?」と書かれた紙が貼られていました・・・(笑)

118_6

私「倍率の合わせ方やミラーテクニックにも精通してるんですね!」
担当者「マイクロスコープを使用すれば先生方に、
    肉眼では見えない病変や根尖を確認してもらうことができます。
    そのことをお伝えするため、マイクロスコープを活かす方法を知っているのは当然です(^ゝω・)
    先生の持つストレスを減らし、快適な診療環境を提供するのが僕らモリタの仕事なんですよ」
担当者の方の熱い想いに胸打たれながら、
直視では目を細めても読めないような文字が、とてもくっきりと見えること、
先生方はこんなにも小さな世界の治療をしてくださっていること・・・改めて驚きまた感激しました。
いつもありがとうございます(。uωu)

続いて、訪問診療器体験コーナーへ ☆(σ`・∀・´)σ
訪問先を診療室に変えてくれるポータキューブ タイプT、ポータキューブ タイプH、
デジタルカメラのような操作でX線を撮影できるポートエックス3を見ることが出来ました♪

118_7

担当Kさんから説明を受けつつ、ポータキューブに実際に触れてみました。

118_8

何気なくバキュームを持ち上げると「シューーーー」と作動しました!電源が入っているとは思わずびっくり(笑)
必要な機能は備えているのに準備・収納がでとてもコンパクト、コンセントに電源を差し込むだけで、
使用できるポータキューブは訪問診療現場でとてもご好評いただいているそうです。

最後に、消毒コーナーへ☆(σ`・∀・´)σ

118_9

手洗いチェッカーを使用し、普段の手洗いでどこの部分の洗い残しが多いかなどを確認することができました。
※手洗いチェッカーは、専用ローションと専用ライトを使用し適切な手洗いが出来ているか確認することができます。
爪の付け根や意外と親指も洗い残しが多い部分だそうです。
器材を綺麗に洗浄、滅菌しても肝心の手が汚れていては意味がありませんよね。
MICS(Morita Infection Control System)感染対策を広めていく重要性を再認識することができました。

製品に実際に触れることで、診療の現場をイメージすることが出来ましたし、
先生がどんな世界で仕事をされているのか、また少し、理解できたような気がします。

そういえば以前、私たちに想いを伝えてくださった先生がいらっしゃいました。
「君たち(モリタ)は歯科診療をする私たちチームの一員なんだ。しっかり色々教えてよ」と。

チームの一員として、私たちがするべきことは、もっともっとこの製品たちを深く理解し
正しく先生方やスタッフの皆様にお伝えすることなんだと、実際に体験したことで再認識しました。

今回の社内イベントを通して、
歯科医療現場の一助に必ずなる、先生方の診療空間をより快適なものにする、
それが出来る素晴らしい製品を取り扱っていることに誇りを感じた1日でもありました。

今回ご紹介した製品はすべて、ショールームにてご体験いただけます。
体験後、実際に歯科医院での使用をご希望の場合は、貸し出しも行っています。
お問合せはお気軽に、モリタお客様相談センター(0800-222-8020)までご連絡ください♪

diagno4