コミュニケーターだより

こんにちは。日ごろは私たちモリタのコミュニケーターに対し、さまざまなご質問やご意見をお寄せいただきありがとうございます。
このブログでは、歯科に関するトピックスや耳寄りな情報など、皆様とのやり取りの中で見つけたステキな話題を、
モリタお客様相談センターならではの視点でご紹介します。

Feb 19 2016

美的CAD/CAMのなかまたち ~セメント材料編~

Category:
メタルフリーシステム / 診療用材料

CAD/CAM関連のお問い合わせではセメント材料についても多くいただきます。
本日は、「SAルーティングプラス」「パナビアV5」をご紹介します☆

最近こんなお問い合わせをいただきました。
「SAルーティングプラスは前処理不要でCAD/CAMレジンブロックにも使えるの?」

sa1

支台歯側への前処理は不要ですが、補綴物側へは添付文書に添って前処理をお願いしています(^^)
CAD/CAM レジンブロックについてはサンドブラスト処理⇒
リン酸エッチング処理 ⇒ セラミック処理を必ずおこなってください(●^o^●)

「SAルーティングプラス」は1本でクラウン合着であれば約60歯分もとれるコストパフォーマンスをもっています☆
第一第二小臼歯への保険適用がある「カタナアベンシアブロック」に使用すれば
より高いコストパフォーマンスになるかも(d ゚ω゚ d)

sa2

ほかには、こんなお問い合わせも・・♪
「SAルーティングプラスについて保管方法が知りたい。
室温保存をすると25℃を超えてしまう場合がある(;´・Д・)」

SAルーティングプラスは、冷蔵保存をしなくても
2~25℃内であれば、物性が低下しない重合触媒なんです☆
しかし、夏場となると25℃を超えてしまうこともありますよね・・・

sa3

直射日光は避けて、引き出しなどの涼しい場所に保管してください。
室温25℃を超えてしまう場合は、冷蔵庫で保管してくだいさい。
その場合は、結露による水分混入を防ぐ為、室温に15分以上放置してから
使用してください。また、練和棒・練和紙は結露防止の為、冷蔵保管は避けてください。

前回のブログで紹介した「UTML/STMLシリーズ」にわたしがオススメしたいのは
「パナビアV5」です☆
(「UTML/STMLシリーズ」についてはこちら ⇒ http://gosoudan.dental-plaza.com/tidings/2016/02/02/568 )

なぜオススメかと言いますと、その理由は3つ(v´∀`*)
オススメ理由 その1
高い接着力!!

sa5

「パナビアF2.0」の3倍の象牙質接着力を有します☆

オススメ理由 その2
硬化物の色調安定性!!

sa6

なんと28日間経ってもほぼ色調変化が見られませんでした(゜o゜)

オススメ理由 その3
5つのシェードバリエーション!!

sa7

ユニバーサルを基準に用途に合わせて色調が選べます☆
接着力のないトライインペーストを使って色調選択もできます(●^o^●)
クリアやブリーチを選択すればST/MLシリーズ(前歯クラウン・ラミネートベニアにオススメ)の透過率を邪魔することなく、
審美性に優れた補綴物が完成させられますヽ(*´∀`*)ノ.+゚
この3つの理由から「UTML/STMLシリーズ」にオススメしちゃいます♪

sa8

「パナビアV5」へのお問い合わせでは、「パナビアF2.0」からご使用いただいている先生が多く、
「F2.0では手練りだったがV5は手練りじゃないの?」や
「もしかして手間が増えたの?」などなど、比較してのご質問をいただきます。

V5のペーストは自動練和タイプとなり、支台歯側の前処理財は2液混合から1液のボトルタイプとなっています
手順は少なくなり、魅力は増えた「パナビアV5」ですヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ

「SAルーティング プラス」 http://www.dental-plaza.com/article/salplus/

「パナビア V5」 http://www.dental-plaza.com/article/panavia/index.html

どちらの製品も現場の声を反映し、進化を遂げた製品なので
症例や先生の使用しやすさなどに合わせて使ってみてくださいね☆

歯科に関することならどんなことでもお気軽に
モリタお客様相談センター(0800-222-8020)まで♪

diagno4